どこでもドアが欲しかった

バイトの俺『パンクしたチャリを店に置きたい』店長「ふざけんな!お前はクビだ!」俺『じゃあ辞めます』→結果…

time 2018/07/08

バイトの俺『パンクしたチャリを店に置きたい』店長「ふざけんな!お前はクビだ!」俺『じゃあ辞めます』→結果…

大学1回生のころ、ある飲食店のバイトに採用された。
チェーン化してるもののそんなに大きい店じゃなく、少人数でやりくりしていってる感じだった。

俺が採用された時の店長は50歳くらいで、穏やかなおっちゃんって感じだった。
仕事はすごく出来たけど。
しかしその店長が転勤となり、新しく30歳くらいの店長が来ることになった。
ここから徐々にバイト先がおかしくなっていった。

新しく来た店長は完璧に体育会系で、上下関係を何よりも徹底する人だった。
それだけなら別にいいんだが、少しでも口答えしようものなら、たとえそれが正論でも烈火の如く怒るタイプの人だった。

バイトが食器を1枚落として割ると、すぐに飛んできて心配するよりもまず先にキレていた。
それも店中に響き渡る大声でだ。
しかし可愛い女の子には、絶対怒らなかった。
たとえその子が寝坊しようと、食器を割ろうと。

そんなだから、店内の空気は最悪。
バイトするときには、店長の機嫌を損なわないことに一番気を使っていた。

そんなある日、些細な事で口論になった。

俺が使ってるチャリが、イタズラか何かでバイト中にパンクして帰りに乗ることが出来なかった。
仕方がないから店まで戻って、店長に事情を説明して一晩だけ置かせてもらおうと話をしにいった。

すると突然、店長がキレた。
店長「お前のチャリの分だけお客様がチャリ停められなくなるんやぞ!どう責任取るねんボケナスが!」

すかさず俺は、すいません、邪魔にならないように端の方に置きます。
さすがにこの時間に自転車担いで帰ると、不審者に間違われかねませんので。
と言ったが、まあ無理だった。
その後もありとあらゆる罵詈雑言を浴びせられ、途中からどうでもよくなった俺はいちいち反論していった。
あまりにヒートアップしたので、他の人が止めに入るくらいに。

とうとう店長が完全にキレた
店長「やかましいわボケ!文句あるんやったら辞めろ!お前の代わりなんかいくらでも居るんやぞ!」

引用:スカッとじゃぱん
画像出典:写真AC

down

コメントする




シェアする

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • メタ情報

  •