どこでもドアが欲しかった

声の大きい社員が結婚式でやらかしてくれた…

time 2022/10/30

声の大きい社員が結婚式でやらかしてくれた…

先日、社長が再婚し、式を上げる旨を発表した。
しかし、

・不倫の末の結婚である。
・招待状作成などを社員にやらせる。
・給与の支払いが遅れている。
・取引先の社長が来て「こんな余裕があるなら未払い金処理してよ」と、招待状(欠席)を置いていく。

などなどの理由から、会社内では全く歓迎ムードになっていなかった。

そうしてやってきた式当日。
幸い、式自体は極めてオーソドックスなもので、途中までは無難に進行していった。
しかし、件の社員がやらかしてくれた。

281: 2/2 2011/01/12 04:20:45
スライドショーで、二人の写真が順々に映し出されたのだが、
チェックが洩れたのか、それとも別に気にしていなかったのか、
写真の隅に、前妻との子供が映った。その瞬間、

「あれ良いの!? 太郎君だよね! 前の奥さんに引き取られたんでしょ!?
映ってるけど良いの!?」

とヒソヒソ声(のつもり)で叫ぶ。

新郎スピーチの
「これからは二人、身の丈にあった生活を――」の瞬間、
「あれかな! 『身の丈にあった』って事は、金集め頑張らないで、今月も給料遅れるのかな!?」
とヒソヒソ声(のつもり)で叫ぶ。

社員は皆、彼に悪気がない事は分かっている。
むしろ(普段に比べれば)非常に小さい声から、彼なりに気を使っている事が分かる。

しかしそれでも場所が場所。状況が状況。流石に気まずい。
特に新婦親族・友人関係の席は、とてつもない盛り下がりを見せていた。

唯一人、空気の重さに気付いていない彼以外にとっては、
非常に居心地の悪い式となりました。

(Visited 664 times, 1 visits today)

down

コメントする

シェアする

  • 人気記事

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • メタ情報

  •